製造業・工場を辞めたいと思った時の対処法|転職先・転職方法を公開

工場で勤務しているけれども、

・夜勤勤務や残業で体力的にきつくなってきた...

・給料が上がらない...

・工場の仕事に馴染めない...

・ミスして損害を出した時に上司から言い寄られた...

などと工場の悩む人は多いのではないでしょうか。

初めた頃は、製造業の醍醐味であるものづくりの達成感を感じられたかもしれませんが、毎日が同じことの繰り返しだと正直飽きてきますよね。

誰とも会話しなくてもよくて、同じ作業の繰り替えしが苦にならない人であればいいかもしれませんが、どうもなぁと感じていませんか?

こちらのページでは工場を辞めたいと思った時にやるべき対処法をまとめて紹介します。

 

1.製造業の離職率は会社によって違う

製造業界は、離職率が11~15%程度と言われていますが、それは製造業界全体の平均値であって工場の場合、もっと離職率は悪いと感じています。

大手メーカーやそのグループ会社であれば、充実した福利厚生と給与テーブルが整っており、新卒で入社して定年まで勤めあげる人がほとんどです。メーカーであれば、何事もなく働き続けて、役職がつかなくても5~600万までは昇給していきます。

しかし工場の多くは、協力会社や請負会社、派遣会社でありほとんど昇給せず、賞与が無い、下手すると社会保険に加入していないところもあります。

ほとんどは年収400万円にも満たないです。雇用形態が契約社員や派遣社員の場合、福利厚生も整っていません。

工場勤務の場合、下請けや派遣会社で離職率は30%近くになっています。

 

2.工場を辞めたいと思うのは自然である

工場で働くことは、仕事がきついだけでなく、ミスをしたら損害が大きいというプレッシャーも絶えず隣り合わせにあり、ストレスを感じる仕事です。

ましてや生産量が増えれば強制的に残業になり、生産量が少ない場合残業が無く収入が減るのが当たり前です。

恐ろしいのは景気が悪くなると工場が閉鎖、移転となり退職せざるを得ない業界です。毎日の仕事も楽な仕事とはいえません。工場を辞める人の代表的な理由はこちらです。

毎日が同じ作業の繰り返し

朝礼に参加して、「同じ機械」で「同じ作業」で「同じ製品」を作り続ける単調な作業ばかりです。

仕事を覚えてしまえば、新鮮なことは何一つありません。同じ仕事を繰り返し続けていると脳が退化してしまうのではと思うほどです。

ただただ同じ毎日が過ぎて、歳をとっていくだけです。

 

交代制勤務がキツイ

工場によっては、2交代制、3交代制、ズレ勤務、宿直など勤務体系がバラバラです。交代制の場合、夜勤から日勤に生活を切り替えるのが、いつになっても慣れません。

人間の体は、朝日が昇って起きて、夜になれば寝るという一定のリズムで生活する生き物ですので、交代制勤務は体への負担が大きいです。

深夜手当をいくらかもらったところで、大幅な昇給になりません。

 

会話が無い

工場で作業する場合、基本的に周りの人と会社をする機会は少ないです。仕事上確認しなければいけないことがあった時だけ、話す程度です。

会話しながら作業することは、集中力が保てないとされ、私語厳禁です。

そもそも、あまり人と関わりたくない人が多いので休憩中もあまり会話しないという事情もあります。

 

ミスをした時の重圧

1ロット丸ごと不良品にしてしまい、取引先まで渡ってしまって大騒ぎになったということは良くあります。

作業した人に責任は無いと言いつつも、何人からも事情聴取されたり、言い寄られたりします。

時給千円程度で仕事をしているのに、製造をミスしたら数十万の損害が出たと言われ、あれこれ言われると割に合わないと思ってしまいます。

 

残業が減らない

製造離れが進み、どこも人手不足の状況が続いています。現在は景気が良いので受注が入ってきますので、土日返上、平日の残業で対応しなければなりません。

新しく新人が入ってきてもすぐに辞めてしまって状況が良くならないのが現状です。どこの工場でも同じような悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

3.工場勤務を辞めたいと思ったときにすべきこと

工場を辞めたいと思っていながら仕事を続けることは長期的に見てプラスになりませんので、違う道を考えるべきです。

とは言いつつも、すぐに退職すると経歴に空白期間ができてしまうのも良くありません。

もし仕事が忙しいと転職活動のための時間を作ることができないとしても、情報収集だけやっておくのがおすすめです。

転職サイトに登録しておくと、このような情報を集めることができます。

  • 今の自分のキャリアで転職できる業界はどこか?
  • 自分の年収の相場はどれぐらいなのか?
  • どの業界が採用に積極的なのか?

情報を集めておくだけで、転職市場のトレンドが分かり、転職すべきタイミングが分かるようになります。

情報収集におすすめの手段とツールをご紹介します。

リクナビNEXT|転職サイト

リクナビNEXT』は、転職サイトの中でも圧倒的な求人件数を誇ります。

非公開求人含めオファー型の求人紹介スタイルとなっており、求人を探す手間が無く情報をできます。

「気になる企業ランキング」や「企業が求める経験・スキルランキング」を見ると採用トレンドが分かります。

登録するだけで履歴書を自動作成できるツールが、時間の無い人にとって非常に便利です。作成後はエクセルやワードでダウンロードできて使いまわしできます。

 

ミイダス|転職アプリ(サイト)

ミイダス』は、今の職種や業界など簡単な質問を答えていくだけで市場価値を教えてくれる転職アプリです。「現時点の自分のキャリアにどれぐらいの年収オファーが来るのか」を調べることができます。

面接確約オファーも来ますので、興味がある企業に直接応募することも出来て転職活動期間を短縮できることも人気の一つです。

注意点として、適正年収がやや高めに診断される傾向にありますので参考程度にしておくのが良いと思います。

 

4.製造業・工場経験者の転職先とは?

製造業・工場勤務経験者が転職する先は幅広いです。また、工場勤務であれば別の業界に転職すれば月給が5万以上アップするような求人が溢れています。

製造業の年代別平均年収(厚生労働省調べ)

・20代・・・・254万円

・30代・・・・337万円

・40代・・・・445万円

・50代・・・・480万円

 

製造業の給与水準の特徴は、年代別に上がっていくところです。しかし会社の規模や業界によって異なります。大手であれば、平均700~900万あたりですが、中小企業では勤続年数に関わらず280~350万前後ではないでしょうか。

製造業・工場の勤務から不動産の営業職など全く畑違いの業界に進むことはおすすめしません。インセンティブ(歩合)が付けば高年収となりますが、ごく一部の人だけです。

おすすめしたいのは、製造業や工場で働の働き方に近い形で「業界や職種を少し変える」転職をおすすめしています。

 

おすすめの転職先①:WEB・プログラミング職

WEB・プログラミング職平均年収 : 562万円

WEB・プログラミングとは、ゲームやアプリ、HPの制作に携わります。未経験からエンジニアに転職することができる業界です。

プログラミングについて勉強、スキルアップすればするほど給料が上がり続ける業界です。最近では製造業では想像できないぐらいの福利厚生が整っています。

メルカリ(フリマアプリ)の福利厚生を例にすると

  • 希望のPCを支給。最新のPCが出ればすぐに交換
  • セミナーの参加費、技術書の購入は全て会社負担
  • 最新のスマホ貸与。個人のスマホがiphoneであればAndroidを、逆の場合も同様
  • ドリンク無料
  • 認可保育園に入れないとき、認可外保育園に入れるときの差額は会社負担
  • 他多数

メルカリに限ったことではなく、その他の会社も同様でベンチャー企業までの最高の環境を整えています。

企業と提携している転職支援付きの無料プログラミングスクールがありますので、製造業のものづくりの感覚とWEBのものづくりは近いものがあり、製造からWeb業界に転職する人は非常に増えています。

 

おすすめの転職先②:製造系の営業職

営業職平均年収 : 413万円(男性の場合513万円)

製造業・工場勤務の経験を活かしつつ、転職を考える場合、製造業の営業職を考えてみると良いでしょう。

業界知識や製造現場の経験があることは、営業マンとして差別化できます。

年齢を重ねると、体力が落ちる、目が遠くなって細かいものが見えなくなるなど弊害がありますので製造現場の仕事を長く続けることは難しくなります。

できる仕事が少なくなってくると、その分給料も下がっていきます。どこかのタイミングで長く働ける職種に転職することを考えておいて良いのではないでしょうか。

 

5.工場勤務から転職を成功させるコツ

工場からの転職を成功させている人の共通点は、すぐに応募したりせずキャリアの振り返りをしながら、転職の準備を進めています。

活かせるスキルを見つける

  • 改善思考・・・・・安全活動、作業改善など物事をより良くしようと考える思考
  • 集中力・・・・・・単調作業であっても、正確に、スピーディーに作業する集中力
  • 情報感度・・・・・設備異常やトラブルなど日々の些細なことに対するアンテナの感度
  • 継続力・・・・・・繰り返し作業であっても同じ品質に保つための確認する習慣と継続力

改善思考を例に挙げると、製造の現場には改善という考え方があります。改善には作業の工数改善、品質改善、安全対策などあらゆる改善があります。

安全活動はヒヤリハットで見つけたちょっとした問題の原因を探る活動です。

転職活動においては安全活動をやってました。と伝えても評価されません。「問題や課題に対して自分なりにどのように考えて行動したか?」を自分の言葉で説明できると強いです。

あなただけのエピソードを語れば相手も良く理解できますし、工場で培った仕事の姿勢が次の仕事においても活かせるのではと高い評価につながります。

営業職であってもお客様の悩みや問題に対してアプローチする考え方が身についていると評価につながります。

 

自己分析と採用企業が求めていることを理解する

細かく自己分析を進めたい人は『自己分析4STEPシート』を使えば、自分のキャリアの棚卸しができるだけでなく、職務経歴書に書くべきポイントが整理できるようになります。

自己分析のサンプル付きで解説していますので、活用してみてください。

転職に軸を作る|自己分析4Step【シート付・完全解説付き】

 

転職のプロに相談してアドバイスをもらう

本格的に転職活動を進めたいと思う人は、転職エージェントを使うのがおすすめです。

職務経歴書の添削や応募企業ごとの面接対策など実績的なアドバイスを個別コンサルしてくれます。

転職エージェントのサービス

  • キャリア相談に乗ってくれる
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 採用背景や社内情報など求人票以外の情報を教えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書を添削、面接対策をしてくれる
  • 応募、面接日時の調整を代行してくれる
  • 年収交渉を代行してくれる

転職活動に必要なことを全て代行してくれるので、働きながらでも転職活動を進めることができます。採用企業からお金をもらっているため、利用者側は無料です。

転職エージェントは、「応募者が不採用になった」、「入社後すぐに辞めてしまった」ときは報酬が発生しないため、真剣にあなたの転職をサポートしてくれます。

 

6.「工場を辞めたい人」が登録している転職エージェント

リクルートエージェント|転職者のほとんどが登録している

リクルートエージェント』は、業界大手の転職エージェントです。リクナビNEXTと連携しておけば、市場に出回っている求人の大部分を網羅することができます。

選考に進むと、面接日時などエージェントが代行してくれて、ユーザー利用画面も使いやすく、手間がかかりません。

応募書類の作成や面接日時の調整など転職活動の雑務を任せて、転職活動に専念することができます。

リクルートエージェントはリクナビNEXTの10倍近い案件を保有しており、他社にはない独自案件が多くて最初に登録するエージェントとしておすすめです。

 

パソナキャリア|初めての転職、女性の転職に強い

パソナキャリア』は、丁寧なキャリアコンサルティングが評判で、初めての転職活動を行う方にぴったりです。4万件近い求人を扱っていますので、幅広く求人を紹介してくれます。

加えて、登録者全員がもらえる『転職必勝ガイド』というブック冊子が非常に有益です。職務経歴書の書き方や、面接質問集など転職活動の全体を理解するうえでおすすめです。

どうやって転職活動をすれば上手くいくのかといったアドバイスが欲しい人はパソナキャリアの面談で解決します。

 

GEEK JOB|完全無料のプログラミングスクール、正社員への転職支援付き

GEEK JOB』は、未経験からでも受講できるプログラミングスクールで、転職支援も行っています。教材費等も完全無料で一からプログラミングスクールを受講できます。未経験でも入社できる求人を紹介してくれて、入社まで一貫してサポートしてくれます。

都内の四谷・九段下への通学が条件となりますが、夜間だけ、空き時間だけ、土日だけなど選べるスタイルが好評です。履歴書にもスクールで開発した実績を記載でき、選考通過率アップにつながるので、転職にも強いです。

 

 

7.工場勤務を円満退社させるためには

工場で働いていると、人手不足を理由に退職の引き留めに合ってしまい、辞めたくても辞められないと悩むかもしれません。

こちらでは、スムーズに退職するためのコツを3つご紹介します。

コツ1.早めに退職を切り出す

退職を切り出すタイミングは、早めに切り出すことが重要です。

1.退職を伝える時期

・退職の1.5ヵ~2か月前

・仕事の繁忙期を避けるとなお良い

2.声をかけるときの作法

・伝える相手は、役職に関係なく直属の上司

・声をかけるときは、神妙かつ謙虚な姿勢で

・話すタイミングは相手の状況を見て

・周囲に人がいない場所で話す

その他に、上司と面談する時の注意点などをこちらのページで詳しく解説していますので参考にしてみてください。

 

コツ2.業務の引継ぎは謙虚な姿勢を心がける

退職にあたっては、担当している業務を後任者に引継ぎをやりきることが大切です。

辞めた後も後任者が困らないように引き継ぎ書やメモを作成しておくと円満退社につながりますので準備しておくと良いです。

上司や後任者の協力が必要となりますので、謙虚な姿勢で引継ぎに対応しましょう。こちらのページで引継ぎテンプレートをダウンロード可能です。

 

コツ3.引き留められても振り返らない

上司や同僚から引き留められても、引き返さないことです。退職を撤回して今の職場にとどまったとしても、「退職しそうな人」というレッテル貼られて、昇給昇任の対象から外れるなどデメリットがあります。

人手不足を引き留めの理由に持ち出されたり、待遇改善を提案されて引き留められることがありますが、一度退職すると決めたら意思を貫くことが大切です。

 

引き留めにあって、面倒な場合は退職代行サービスで「即日退職」する

退職代行とは、あなたに代わって会社に退職を伝えてくれるサービスです。退職の意向を伝えることや退職手続きなど全ての連絡を退職代行サービスがやってくれます。

メリット

  • 即日退職が基本で、明日から会社に行かなくてよい・スマホで完結できる
  • 3~5万円でサービス定額
  • 自分がやることは貸与品を郵送するだけ

何万人と利用されていますが、退職トラブルになった事例は現時点でありません。退職代行サービスの中では実績豊富な『ニコイチ』、もしくはNHKで放送されている業界知名度がある『EXIT』を利用すれば十分です。

退職の引き留めにあってストレスを感じて、更に転職のタイミングを逃しては全く自分の利益になりませんので、一気に退職してしまったほうが得策です。

 

8.まとめ

工場勤務をこのまま続けても、昇給しない、賞与が出ないと悩んでいると結婚にも不安がでますし、ローンが組めず家も買えないような未来になります。

転職活動を進めてみると給料が高い求人が多いことが分かるかと思います。無事に転職できて月給が5万アップするケースは多く、生活が一変します。

こちらで紹介した「リクルートエージェント」と「パソナキャリア」では利用者の6割以上が年収アップを実現させています。工場を続けて昇給を待つよりずっと現実的と言えます。

何年も働いて給料が上がらないと不安になったり、人間関係に悩んで、関係を改善しようとしても限界があります。無理に頑張ってしまうとうつ病になってしまいかねませんので、職場を変えてしまった方が良いです。

歳をとってから製造業・工場以外の仕事をしたいと考えても、転職先は見つかりません。

転職活動に、退職と負担が増えるかもしれませんが、1、2ヵ月頑張るだけで、工場勤務のストレスから解消させると考えれば、行動するのみです。

現在は全体的に人材不足の影響でどこの会社も採用に積極的ですので、求人がたくさんあるうちに良い会社に入っておきましょう。

リクルートエージェント|転職者のほとんどが登録しているエージェント

パソナキャリア|初めての転職、女性の転職に強い

GEEK JOB|完全無料のプログラミングスクール、正社員への転職支援付き

こちらの記事が工場を辞めたいと悩む方へのお役に立てれば幸いです。