栃木の看護師向け転職サイトおすすめ5選|サイト利用の5つコツ

栃木で看護師として、条件が良い職場があれば転職を考えていませんか?

 

看護師として働いているけれども、

・勤務時間が長くて、体力がもたない。残業時間が多くてキツイ...

・人手が足りなくて休みがとれない、有給がとりにくい...

・忙しさのあまり、仕事で重大なミスをしないか不安だ...

・上司との関係が良くならない。職場の人間関係があまり良くない...

・今の給料に満足していない...

などと考えることはありませんでしょうか?

実は約8割に近くの看護師が「いい職場が見つかれば辞めたい」と思いながら仕事をしています。(※日本医療労働組合連合会調べ)ですが、患者さんを目の前にすると仕事をやらなければと思い、仕事を続けているのが多くの実情です。

「今の職場を辞めて次の仕事を探しても、同じような職場になってしまうかもしれない。」という不安もあるかと思います。次の就職先を探そうとしても、看護師専門の求人サイトは20以上もあり、これだけ多いと

「どの転職サイトを選べばいいの?」

と困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そのような場合は次の4つのポイントを押さえて転職サイトを選んでいきましょう。

  • 公開求人数・・・・・・・栃木県内で公開されている求人数
  • 支店・拠点の有無・・・・エリア情報や独自の情報収集が期待できる
  • サポート体制・・・・・・対面での面談もしくは電話でのサポート体制
  • 転職サイトごとの特徴・・求人の種類、カテゴリ検索方法、逆指名応募など

こちらのページでは、栃木の主要な転職サイトを調査し、公開求人数などこれらの項目を一覧でまとめました。転職が初めての人でも選びやすいように、満足度ランキング上位に入るような評判の良いおすすめの転職サイトをピックアップし、転職サイトを見る簡単なチェックポイントもご紹介します。

また、「転職サイトに登録したけれども、担当者とのやり取りが上手くいかなかったので有効活用できなかった」という人にも、転職サイトの使い方のコツをご紹介していきます。

 

1.栃木の看護師の転職市場のポイントまとめ

栃木県の看護師の平均年収は『500.2万円』(※)です。

栃木県の全職種の平均年収は478万円となっており、隣接する茨城、福島、群馬、埼玉の中で最も高く栃木での看護師のニーズが高いことが分かります。看護師の求人倍率は「2.47」と関東でも高い部類にあり、看護師として比較的転職しやすい状況になっています。

人口1000人あたりの看護師の割合が「10.94名」と関東では群馬に続き、最も高いエリアとなっています。離職率は「8.2」と関東エリアでは最も離職率が低いエリアとなっています。一度良い職場を見つけられれば働きやすい環境と言えるかもしれません。

(※平成29年賃金構造基本統計調査

栃木県で人気の職場は?

栃木県で転職先として人気があるところは、資格取得支援制度などのキャリアアップ制度や待遇面が充実している総合病院が並んでいます。こちらは総合病院など求人が出たときにはチェックしておきましょう。

  • 国立病院機構 栃木医療センター
  • 上都賀総合病院
  • JCHOうつのみや病院
  • 獨協医科大学病院
  • 自治医科大学附属病院

その他には、マイカー通勤できる職場も多く、大きい総合病院などは電車通勤ができるアクセスの良い職場が人気があります。また託児所併設の施設の求人も多く掲載されているため、自分に合った働き方ができる職場探しに適したエリアと言えるでしょう。

 

2.栃木で看護師として転職を成功させるポイント

栃木で転職をしようとする場合、下記のポイントを押さえながら転職活動をすすめていくこともが大切です。

 

ポイント1.栃木県内の良い求人を探す

ポイント2.求人の内部情報(職場環境や働き方、人間関係など)を調査する

ポイント3.経歴書の準備、面接対策を万全にする

 

いざ入社してみると「聞いていた話より残業が多い、夜勤シフトが多い」などと転職が失敗してしまうこともあり得ます。看護師はどこも人手が足りず、求人が多いこともあり転職は比較的しやすい環境にありますが、何度も転職を続けることも良くありません。

そのため、転職を失敗して後悔しないためにも、事前に求人や職場環境得を確認しておきましょう。

看護師として転職しようと考えると以下のような転職方法が一般的です。

  • ハローワークの窓口にいき、求職相談する
  • 病院やクリニックの採用ページから応募する
  • 知人から働き先を紹介してもらう
  • 転職サイトに登録して求人を探す

これらの方法の中で、知人の紹介も有効ですが、あなた一人で転職活動を進めていく場合は、転職サイトを活用して転職活動を行うことをおすすめしています。

転職サイトに登録すると、「キャリアアドバイザー」と呼ばれる担当者がつきます。採用したいと考えている病院、クリニック、企業の求人の希望条件を伝えておくとあなたに合った求人を紹介してくれます。もちろん自分自身で転職サイトを閲覧して、探すことができます。

その後応募してみたいという求人があった場合には、キャリアアドバイザーに伝え、転職サイト経由で応募となります。入社後までで転職の最後までサポートしてくれます。

 

3.栃木の転職サイト別 特徴まとめ

栃木で看護師専門の転職サイトでおすすめベスト10をご紹介します。それぞれの転職サイトについてこちらの項目で一覧にまとめています。

  • 公開求人数・・・・・・・栃木県内で公開されている求人数
  • 支店・拠点の有無・・・・エリア情報や独自の情報収集が期待できる
  • サポート体制・対面での面談もしくは電話でのサポート体制

 

栃木県内

公開求人数

栃木県内

支店・拠点の有無

サポート体制
看護のお仕事 228 × TEL
ナースではたらこ 162 × TEL
看護roo! 473 × TEL
マイナビ看護師 268 × TEL
ナースフル 110 × TEL
医療WORKER 205 × TEL
ナース人材バンク 208 × TEL
ナースJJ 349 × TEL
ナースパワー 161 × TEL
MCナースネット 14 × TEL

 

それぞれの転職サイトの特徴について、一覧にまとめました。こちらの特徴をあなたが希望する働き方や志向に合わせて選ぶときの参考してみてください。

特徴
看護のお仕事 求人数業界No1。転職ノウハウ充実で24h電話対応可能
ナースではたらこ 「逆指名応募」可能。全国の9割以上の医療機関を網羅
看護roo! 120P近い『ナースのHappy転職ガイドブック』をもらえる
マイナビ看護師 大手マイナビが運営。対面面談にも積極的でサポートが手厚い
ナースフル メディア業界No1リクルートが運営し、病院などのパイプあり
医療WORKER 部長・師長・主任クラスなど管理職求人の紹介サービスあり
ナース人材バンク 医療介護領域に強い。『WEB上病院見学』で職場の雰囲気が分かる
ナースJJ 「転職支援金」最大35万円支給など嬉しいサービスあり
ナースパワー 離島・都市圏・看護留学など転職支援する「応援ナース」がおすすめ
MCナースネット 単発・短期・時短の求人におすすめ

 

4.栃木 看護師向けおすすめ転職サイト5選

ご紹介した10個の転職サイトから栃木で転職するならおすすめの転職サイトを5つご紹介します。

栃木県内では転職サイトのキャリアアドバイザーとの面談を行う拠点を持っている会社がありませんので、面談を希望したい人は、近隣の仙台に拠点を持っている転職サイトに登録してみると良いでしょう。

 

看護のお仕事|全国No1の転職サイト。転職ノウハウ充実で24h電話対応可能

看護のお仕事』は、業界最多の全国12万件の事業所情報・求人情報を掲載しています。

求人情報以外にも、働くスタッフや利用者のレビューも見ることができ求人情報以外にも役立つ情報コンテンツが充実しています。業界最大クラスの情報量を保有しており、まずは登録しておくべき転職サイトと言えます。

その他、こだわり検索方法として、「配置基準7:1」の職場を探すことができるなど、看護師としての働き方に配慮した転職サイトの作りとなっています。

おすすめポイント

  • 求人情報に関する口コミ・レビューを掲載
  • 24時間対応で電話相談できる
  • 転職実績が豊富で、選考ノウハウが充実
  • 派遣の求人にも強く、高時給求人が多数

 

サイトの特徴

施設検索 勤務形態 担当業務
こだわり検索
診療科目別 4週8休以上 ブランク可
車通勤可 託児所あり 寮あり
配置基準7:1 電子カルテあり 他5項目

 

ナースではたらこ|「逆指名応募」可能。全国の9割以上の医療機関を網羅

ナースではたらこ』は、転職サイト「バイトル」で知名度が高いディップが運営している看護師専門の転職サイトです。

こちらは、他のメディアには少ない「逆指名応募」が可能です。働いてみたい職場や医療機関がある場合、求人が掲載されていなくとも、ナースではたらこ経由で応募できるシステムです。キャリアアドバイザーが代行して、希望する医療機関など求人の有無や面接の条件などを確認してくれます。その後の面接のセッティングや入社までの手続きも全て行ってくれます。

こちらは全国の医療機関の9割を網羅した求人を扱っている「ナースではたらこ」ならではのサービスと言えるでしょう。

おすすめポイント

  • 公開求人数は少なめだが、非公開求人多数
  • キャリアアドバイザーによる丁寧なサポートで利用者満足度No1(※楽天リサーチ調べ)
  • 応募したい病院があれば逆指名応募ができる

 

サイトの特徴

施設検索 勤務形態 担当業務
こだわり検索
診療科目別 4週8休以上 残業10時間以下
寮・家賃補助あり 託児所付き 車通勤可
  ブランクOK 専門看護師・認定看護師支援 他7項目

 

マイナビ看護師|大手マイナビが運営。対面面談にも積極的でサポートが手厚い

マイナビ看護師』は、転職メディア大手のマイナビが看護師に特化した転職サイトです。転職支援に関する実績が豊富で、院内の雰囲気や院長の人柄、有給取得率など職場環境や求人情報の聞き取りなどキャリアアドバイザーが細かくヒアリングを行っています。

定着率の悪い求人を紹介しない方針をとっており、転職のミスマッチが少ないことで評判です。

おすすめポイント

  • 有給取得率など職場環境について知りたいポイントをしっかり教えてくれる
  • 定着率がよい職場の求人を紹介してくれる

 

サイトの特徴

施設検索 勤務形態 担当業務
こだわり検索
診療科目別 託児所あり 日勤のみ
残業の少ない 産休・育休実績有 小児科配属相談可
緩和ケア病棟(ホスピス) 専門看護師・認定看護師支援 他4項目

 

看護roo!|120P近い『ナースのHappy転職ガイドブック』をもらえる

看護roo!(カンゴルー)』は、東証一部上場企業クイックが運営する看護師専門の転職サイトです。

こちらのサイトの特徴として求人数が多いことに加えて、転職支援を行ってきた2万人のデータから自己PRの回答事例などをまとめた『ナースのHappy転職ガイドブック』をもらえます。120ページ近いボリュームで役立ち情報が掲載されており、登録して損のない転職サイトです。

おすすめポイント

  • 求人数が業界トップクラス
  • エリアによって職場見学や面接に同席してくれるなどサポート充実
  • 『ナースのHappy転職ガイドブック』をもらえる

 

サイトの特徴

施設検索 勤務形態 担当業務
こだわり検索
診療科目別 4週8休以上 車通勤可
寮あり 託児所あり 電子カルテあり
ブランク・未経験可 研修充実 他2項目

 

ナースJJ|「転職支援金」最大35万円支給など嬉しいサービスあり

ナースJJ』は、東京に拠点を持ち、全国に求人票を保有しています。こちらの転職サイトはハローワークに掲載される職場の求人も掲載されており、ハローワークを経由せずともナースJJ経由で応募することが可能です。

更に入社時の想定年収に応じて転職支援金が最大35万円を支給されます。こちらは入社時の年収に応じて転職支援金が決定する仕組みとなっており、他の転職サイト経由で応募するより、お得なサービスとなっています。GPSを使った「現在地から探す」機能や、地名などを自由に入力して「住所から探す」機能など、ユニークな求人検索希機能がついています。

おすすめポイント

  • 転職支援金が最大35万円もらえる
  • 現在地や住所から1~20km圏内の求人を探す機能がついている


サイトの特徴

施設検索 勤務形態 担当業務
×
こだわり検索
年収500万以上 退職金制度あり 4週8休以上
残業月10h以下 寮・借入社宅あり 転居支援あり
資格取得支援あり 保育所あり 他5項目

 

 

5.転職サイトを使いこなすための5つのコツ

コツ1.2~3つの複数のサイトに登録して、自分に合ったものを使う

転職サイトを選ぶときには、自分に合いそうだと思う転職サイトを登録してみることをおすすめしています。理由はこちらの3つです。

  • 転職サイトごとの非公開求人を紹介してもらう
  • 担当者の良し悪しを見極めることができる
  • 転職サイトごとの特徴に合わせて活用する

良い担当者と悪い担当者の特徴はこのような特徴があります。

良い担当者の特徴
  • 業界情報、採用情報などの転職動向のトレンドを理解している
  • 面談の時に聞き手上手である
  • キャリア相談、仕事の悩みついて相談にのってくれる
  • 希望条件に近い、転職者の経験や資質や特性に合った求人を紹介してくれる
  • 求人企業への紹介実績があり、選考ノウハウを持っている
  • 選考後、面接後の合否に関してフィードバックをくれる
  • 返信やレスポンスが早い、進捗連絡が来る
悪い担当者の特徴
  • 求人企業や業界知識、業務知識がほぼない
  • 希望条件をあまり聞き取りせず、大量に求人を紹介してくる
  • 企業選考の対策に関するノウハウがない
  • 転職者の連絡がつきやすいタイミングを考えず、頻繁に連絡する
  • 連絡や返信が遅いもしくは、こちらから聞かないと連絡が来ない

転職サイトの担当者の中には「あまり求人企業の情報を持っていない」、「転職希望条件など話を聞いてくれない」という口コミも耳にします。運悪く良くない担当者になってしまった場合は、無理に利用せず違う転職サイトを利用する方が効率的です。

また使う転職サイトが決まったり、就職が決まった場合には退会手続きを済ませておきましょう。

 

コツ2.退職理由などネガティブな表現は控え、前向きな姿勢を伝える

転職サイトに登録すると、キャリアアドバイザーという担当者から転職先の希望条件や転職理由などのヒアリングのための電話連絡もしくは面談を行います。

キャリアアドバイザーとの面談では、ネガティブな表現は控えておきましょう。

転職を思いたったときの理由を「職場の人間関係が悪くて、、師長と上手くいかなくて、、」というようにネガティブなことを素直に伝える必要はありません。

「新たなスキルを身につけたくて」というように前向きな転職理由を伝えるようにしましょう。

キャリアアドバイザーとしても、人間関係が悪くて転職する人が多い事情などは理解しています。しかし、今の職場の愚痴や悪口を転職者から伝えられると、「周囲と関係構築できないのかも?次の職場でも上手くやっていけるのか?」と評価され、良い求人を紹介されにくくなってしまいます。

転職において、選考の面接やキャリアアドバイザーとの面談では、本音で伝えすぎるとマイナスの印象になってしまいますので、あくまで前向きな転職であることを伝えていきましょう。

 

コツ3.転職時期は「良いところがあればすぐに」と伝える

転職可能時期は「なるべく早く」、「いいところがあればすぐに」と伝えておきましょう。

転職サイトの担当者から必ず質問を受ける一つに、転職時期を確認されます。大半が、「良いところがあればすぐに」、「1か月以内」、「3か月以内」、「6か月以内」、「時期は決まっていないが転職を考えている」とように質問されます。

その場合は、「良いところがあればすぐに」と回答しましょう。そうすることにより、キャリアアドバイザーが優先して、人気の職場や新着求人を紹介してくれます。

 

コツ4.複数の転職サイトから同じ会社に応募しない

複数の転職サイトに登録していても、同じ病院・クリニックに応募しないようにしましょう。他のハローワークなどの場合でも同様です。

同じタイミングで応募した場合、採用担当がどちらの転職サイトへ対応して良いか困惑してしまいます。

その場合、必ず採用担当者から両方の転職エージェントに連絡がいきます。結果的に採用担当者と転職サイトのアドバイザーの両方に、情報管理ができない転職者という見られ方をされ、応募が出来なくなったり、転職サイトのサービスが受けられなくなることもありますので、注意しましょう。

また、採用企業の中には過去1年以内に応募した転職者は選考対象外にする会社もあるため、仮に過去に応募したことのある場合は、キャリアアドバイザーに確認しておくとよいでしょう。

複数のキャリアアドバイザーから同じ職場の求人を紹介された場合、自分に合っていると感じる担当者経由で応募すると良いでしょう。

 

コツ5.求人票のチェックポイント

ハローワークや病院、クリニック、転職サイトごとに待遇面や勤務体系の表記が違います。理解しておかなければ間違えやすい、給料と休日について注意点を紹介します。

【給料】表記のチェックポイント

基本給 家族手当
住宅手当
交通費 残業手当
深夜勤手当
賞与
月給
月収
年収

 

月給とは、一般的に基本給に加え家族手当、住宅手当、役職手当など月によって金額が変動しない手当を含む金額を指します。配偶者手当や扶養手当なども同様です。そのため人によって家族構成が違いますので月給が異なります。

※求人によって交通費を月給の金額に含めている場合があります。その場合自宅から勤務場所までの通勤方法によって異なりますので、求人票の金額と変わる可能性がありますので確認しておきましょう。

 

月収とは、月給に加え残業手当、夜勤手当など月によって変動する手当を含んだ金額を指します。

 

年収と、月収に加えて賞与、皆勤手当、永年勤続手当など一時的に支給される手当を含んだ金額です。一般的に会社から支給された総合計を指します。そのため求人票に年収表記されている場合は、賞与など業績や勤怠評価によって決定されますので、変動するため年収金額が必ずもらえるわけではないことを注意しておきましょう。

 

【休日】表記のチェックポイント

完全週休二日制と週休二日制の違いについて「完全週休二日制」は「週休二日制」は全く違う制度です。

「完全週休2日制」は毎週必ず2日間の休みがある制度を指します。休みはシフトや職場ごとにバラバラです。

一方で「週休二日制」は、1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上あることを指します。必ず週に2日休みがあるわけではなく、週に1回だけの週もあることを注意しておきましょう。

日本看護協会によると、看護師の平均休日日数は、114.8日とされていますので、一つの目安にしてみてください。(※「病院における看護職員需給状況調査」より引用)

また、年間休日が多くても有給が取りにくい職場や夜勤明けの休みの取り方の規則が違うなど職場によって条件が違いますので、しっかり諸条件を確認しておきましょう。

 

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらでご紹介している転職サイトはJIS規格JIS Q 15001で定められる基準を満たす個人情報マネジメントシステムで運用しているなど個人情報の取扱いについて十分な運用となっているため、個人情報の取扱いについて安心できるポイントです。

転職しようか迷っている人は、現在どのような病院やクリニックで求人が出ているのかをチェックしておくために、転職サイトを活用してみても良いでしょう。

 

おすすめの転職サイトまとめ

看護のお仕事|全国No1の転職サイト。転職ノウハウ充実で24h電話対応可能

ナースではたらこ|逆指名応募」可能。全国の9割以上の医療機関を網羅

看護roo|120P近い『ナースのHappy転職ガイドブック』をもらえる

マイナビ看護師|大手マイナビが運営。対面面談にも積極的でサポートが手厚い

ナースJJ|「転職支援金」最大35万円支給など嬉しいサービスあり

こちらの記事が皆様の転職のお役に立てれば幸いです。