30代の経理転職|転職で成功する人と失敗する人の違いとは?

・30代でも経理として転職はできるの?

・30代の転職を成功させるためにはどうすればいいの?

・未経験でも転職できるの?

 

30代で経理の転職を考えていませんか?

30代の転職は成功する人と失敗する人に大きく分かれていく年代です。転職市場の情報を集めて、採用ニーズに把握して自身のキャリアの方向性を決めていくことが大切です。

これまで20代から40代までの経理の転職を支援してきた経験と、現在企業の管理部門長として経理の採用を行っている経験から、30代の転職を成功させるためのコツについて紹介します。

 

1.30代・経理の転職について

30代の転職では、これまでの業務経験、ポジション、年収、転職回数を重視されます。その上で、今後のキャリアの方向性と今回の転職理由について、企業と採用方針と方向性とのマッチ度を見られていきます。

30代以上になると20代の頃とは違い、ポテンシャルや意欲ではなく「関連経験の有無」や「活かせるスキル」を中心に評価されます。

また、競争相手(他の転職者)との兼ね合いも出てきますので、20代や40代の人たちとの違いをもって、採用担当に伝えておくも大切です。

転職市場の相場や採用動向を押さえつつ、転職活動を進めていく必要があります。

 

平均年収はどれぐらい?

引用:転職会議

経理の平均年収は、口コミサイト「転職会議」によると「494万円」となります。

業界や勤続年数によって年収レンジが変わってきますが、「平均年収と比較して低い」、「ここまで上がりそうにない」と感じている人は、年収を上げたいならば転職を考えておくことも必要かもしれません。

 

30代の経理職の採用に積極的になっている

30代経理の採用が増えてきている背景にあるのは、一定の業務経験があることと、業務を通じて培ったヒューマンスキルがあるので、採用側には安心感があります。

経理の転職においては、業務経験も大事ですが他の部署の担当者とのやり取りも多いので、「経理の立場として厳しく振舞えるか?」などのようにコミュニケーションスキルも大事です。

会社によって業務経験を重点的に見ていて、業務の即戦力が欲しいのか、もしくは経営陣や現場との折衝ができるバランスいい人材が欲しいのかなど、採用ニーズが分かれるポジションになります。

採用ニーズによって20代ではなく30代が欲しいと考える企業も多く、それらの企業に焦点を当てて、転職活動を進めていけば内定をとれるでしょう。

 

2.30代の転職で求められていることとは?

30代の転職で求められていることとは、今の職場で新たな業務を覚えて活躍していけるかどうかです。

具体的に以下のようなポイントをチェックしています。

・関連業務の経験の有無
・活かせるスキルの有無
・転職者のキャリアの方向性と会社の方針とのマッチ度
・会社の社風に合いそうか、変なクセがないか

関連業務の経験はもちろんですが、活かせるスキルがあるかどうかを重視します。

例えば、現場や経営陣との折衝経験、顧問とのやり取り、IR対応などの業務経験があるか?という視点だけでなく「どのような立場」で「どのような責任をもって」「仕事をどのように進めたか」について確認します。

これは、新たな環境になっても、同じようなパフォーマンスが出せる人材なのかどうかを評価するためです。

その他には、経理に関わる業務以外でも評価されることもあります。業務を通じて培ったコミュニケーションスキル、ストレス耐性、マインド、教育スキルなどを評価します。

経験やスキルだけでない要素も大切で、30代という年齢の特性上キャリアの分かれ道になる時期でもあり、会社との相性も見られます。

昨今では、「業務経験が豊富でも会社の風土に合わなければ採用しない」と考える会社も多くあります。それぞれの会社が大事にしている価値観や倫理観について、理解度を深めておくと選考での立ち振る舞いの参考になります。

 

3.30代経理の転職で押さえておくポイント3つ

30代で経理に転職を考えている人が押さえておくべきポイントを紹介します。

① 転職を考えている人は、今すぐ行動すること

② 転職市場の分析を行う

③ 採用企業が求める人物像を必ず確認する

それぞれ詳しく解説していきます。

① 転職を考えている人は、今すぐ行動すること

経理の求人は少なく、人気が高いのでタイミングがとても大事です。

求人が出た時にすぐに情報が入るようにしておく、応募できる準備ができていることが、他の転職者より一歩前に進めることができます。

転職はスピード勝負なので、転職を考えている人はあれこれ考えずにすぐに行動に移すことが成功への近道です。

 

② 転職市場の分析を行う

「経理の採用を積極的に行っている業界はどこか?」「経理の求人が出やすい時期は?」「経理に求めるスキルの傾向は?」などと転職市場をチェックしておくと良いです。

未経験歓迎の求人や即戦力の求人など幅広く掲載されています。いくつもの求人を見ていくと共通する内容が分かるようになります。それが今の転職市場で評価されているスキルであり今後のキャリアに繋がっていきます。

その上で、自分の経験とスキルからどのような選択肢があるかを分析していきましょう。

 

③ 採用企業が求める人物像を必ず確認する

採用企業が求める経験、スキルが書かれている場合は、関連する業務経験を伝えなければほぼ不採用になります。

書類選考の段階から「どれだけ御社の求める要件を満たしているのか?」を分かりやすく伝えていく必要があります。どの会社にも通用するような志望動機や自己PRでは、高い評価に繋がりませんので、応募する企業1社1社丁寧に対策していくことが重要です。

時間や手間がかかる作業になりますが、結果的に効率よく短期間で終えられるようになります。

 

4.30代経理の転職で失敗する人の特徴

30代経理の転職においては、転職を失敗する人の傾向があります。

それは、「転職の希望条件を曖昧にしている人」と「自己分析が甘い人」の二つです。

今回の転職で叶えたい条件について、明確に持てていないと転職で失敗しがちです。

30代の転職は、すぐに決まる人と決まらない人に分かれていき、すぐに決まる人は、専門性が高く転職市場で引く手あまたな人です。しかし、ほとんどの人は他の20代の転職者に内定を奪われたり、面接で上手く話せず不採用になったりと、内定まで時間がかかります。

その結果、転職条件を低くしたり、妥協してしまい、条件アップできていないような転職になります。

また、「中々書類選考が通らない、、」などと悩んでいる人は自己分析ができていない傾向にあります。

やりがちなのが、これまでの業務経験と実績の羅列です。これだと、採用担当の評価が得られにくいです。

20代以降の社会人経験の中で、採用企業が求める経験やスキルをどれぐらい持っているのか?を分かりやすく伝える必要があります。

そのためにも業務経験の棚卸しや言語化、長所短所の分析をしておく必要があります。

 

また、30代以上でも採用したいと考えている企業は少なくなりますので、30代でも積極的に採用している企業の求人をいかにキャッチしておくかが、とても大切です。

そのためには転職エージェントの活用をおすすめしています。

転職エージェントは転職のプロなので、転職市場の最新の情報を持っており、キャリアに合わせて的確にアドバイスしてくれます。

転職エージェントを利用する理由の一つには、「非公開求人を紹介してくれる」ことです。経理の求人は人気が高いので非公開扱いにして、候補者を厳選して選考するので、転職サイトなどには掲載されません。

転職エージェント経由でこれらの求人に応募するときには、応募書類に「推薦状」を添付してくれるので、第三者から見たあなたの魅力をプッシュしてくれるので、選考通過率も高いです。

 

5.30代経理の転職でおすすめの転職エージェント5選

パソナキャリア

おすすめ度 

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリア』は、大手転職エージェントの中でも、丁寧なキャリアコンサルティングが評判で、幅広い相談を受け付けており、初めての転職活動を行う方におすすめです。

面談に訪問したときに全員に配布される『転職必勝ガイド』がおすすめです。職務経歴書の書き方や、面接質問集など転職活動の全体を理解するうえで非常に評判の良いものです。このためだけに面談するのも充分価値があります。

また、パソナキャリアは女性に転職に強いことも特徴です。パソナキャリアの母体であるパソナは、1976年創業で、『育児を終えてもう一度働きたい女性へ向けて、能力や技術を活かすことのできる適切な仕事の場をつくりたい』という想いから派遣業を開始し、現在業界第2位のポジションにいる大手企業です。女性のキャリアならではの悩みにも親身に対応してくれる、と評判が良いです。

経理としてのキャリアについて、経理職を志望するきっかけになったきっかけや現在抱えている悩みや今回の転職で叶えたい希望条件など、丁寧にヒアリングしてくれる面談で、しっかりと方向性を共有します。

ほぼすべての都道府県に面談拠点を持っているためサポートが手厚く、これから転職活動を考えている人にはおすすめです。

会社名 株式会社パソナ
求人数 公開求人件数 1,664件(非公開求人件数 非公開)
オフィス 札幌、青森、盛岡、仙台・登米、秋田、山形・米沢、福島・郡山、日立・つくば・水戸、宇都宮・佐野、高崎・太田、さいたま・所沢・熊谷・川越、横浜、新潟・柏崎、富山、甲府、福井、甲府、長野・松本、岐阜・高山、静岡、名古屋、四日市・鈴鹿、草津、京都、梅田・難波・大阪、神戸、奈良、和歌山、鳥取、松江、岡山・津山、広島・福山、山口・周南、徳島、高松、松山、高知、福岡・北九州、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇

 

MS-Japan

おすすめ度 

【公式サイト】https://www.jmsc.co.jp/

MS-Japan』は、管理部門に特化した転職エージェントです。業界内でトップクラスの求人を保有しています。「上場企業」「ベンチャー」「未経験可求人」など幅広く求人を提案してくれます。

経理、財務、人事、法務、財務など専門領域ごとにコンサルタントが配置されていて、担当するコンサルタントは業務の理解度が高いので、安心感があります。

管理部門に特化しているので、企業選考のノウハウが豊富です。面接前には事前に知っておくべき情報をメールで送ってくれるのでサポート体制も申し分ありません。

資格を取りたての方のキャリアパスの相談や50代以上のシニアクラス、管理職など幅広い転職の支援を行っており、経理職の幅広い階層の転職の相談に対応しています。個別面談にもすぐに対応してくれるので経理職で転職を検討している人はまず登録すべき転職エージェントです。

会社名 株式会社MS-Japan
求人数 公開求人件数 1,567件(非公開求人件数 非公開)
オフィス 飯田橋、横浜、名古屋、大阪

 

リクルートエージェント

おすすめ度 

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント』は、求人件数、転職決定数など業界No1の転職エージェントです。

ほぼすべての業界に対応しており、総合型転職エージェントです。こちらは他のエージェントと比較しても圧倒的な数の求人件数を保有しています。メディア運営、企業への高い営業力とコネクションにより、業界最大手に位置しています。

登録と同時に大手企業からベンチャーまで数十件紹介してくれます。興味のある分野を指定すれば、深堀りして追加の求人を提案してくれるので、求人リサーチに最適です。

選考に進むと『AGENT Report』と呼ばれるレポートで採用企業ごとに業界分析や過去の面接事例、質問内容などをまとめた資料を求人票と合わせて送ってくれるので選考対策に十分な情報を提供してくれます。

選考対策に関する情報を見ておくと、企業の求める人物像をより深く理解できるようになりますので、参考になる情報を提供してくれるエージェントです。

会社名 株式会社リクルートエージェント
求人数 公開求人件数 1,154件(非公開求人件数3,339件)
オフィス 丸の内、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡

 

dodaエージェントサービス

おすすめ度 

【公式サイト】https://doda.jp/consultant/

リクルートに次ぐ業界No2の『dodaエージェントサービス』。こちらも大手企業を中心に非公開含めて、経理職の求人を豊富に保有しています。

おすすめしたい点はキャリアアドバイザーの質の高さです。経理、管理部門出身者のコンサルタントも在籍しており業界情報や採用動向を教えてくれます。

登録面談のときに職務経歴書の添削アドバイスや円満退社の秘訣など丁寧に対応してくれてますので、サポート重視で転職エージェントを選びたい人におすすめです。

会社名 パーソルキャリア株式会社
求人数 公開求人件数 1,352件(非公開求人件数 非公開)
オフィス 丸の内、埼玉、横浜、札幌、仙台、名古屋、一宮、岡崎、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡

 

ジャスネットキャリア

おすすめ度 

【公式サイト】http://www.jusnet.co.jp/

ジャスネットキャリア』は、会計士、税理士、経理職に特化した転職エージェントです。

WEBオンライン学校「経理実務の学校」を運営しており簿記2、3級レベルの動画などを無料配信しています。『MS-Japan』と比較すると求人数など劣りますが、20、30代の転職に強いのでこれから専門性を付けていこうと考える人におすすめです。

会社名 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
求人数 公開求人件数 1,352件(非公開求人件数 非公開)
オフィス 新橋、心斎橋、名古屋

 

6.よくある質問Q&A

1Q1.未経験でも転職できますか?

30代で未経験でも転職は可能です。

未経験からの転職では、「簿記2級」もしくは「何かしらの業務経験」があると良いです。簿記3級ですと、評価する企業がかなり減ってしまうので、難しくなります。

業務経験については、契約社員や派遣社員であっても、評価されることも多いので、PRしていきましょう。

未経験からの転職で難しいのは、企業選びと書類選考対策です。この二つを間違えてしまうと、経験者が欲しい企業ばかりに応募することになり、不採用続きになってしまいます。

このあたりは、転職エージェントの情報やアドバイスをもとに、素直に進めていくと良いです。

Q2.年収アップ転職できますか?

30代の転職で年収アップできるポイントは、業務経験や資格を持っていることが前提として「今の会社より高い年収テーブルの会社に転職する」ことです。

年収アップ転職を実現すするための具体的な進め方については、こちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

・経理の年収をアップさせる方法4つ|具体的な手順を公開!

Q3.30代後半でも採用されますか?

「35歳転職限界説」という説が有名ですが、最近ではこの限界年齢に関係なく採用されています。

事実、転職エージェントの転職支援実績では30代の転職が増えてきており、30代後半の実績も豊富です。その背景には、人材不足が続いているという理由だけでなく、採用する側も落ち着いている30代後半の人材を採用したほうが、安心感があるようで、転職事例が多くあります。

7.まとめ

30代の転職では、経理として専門性と年収を大きく上げることが出来る年代です。

特に現在は人手不足の状況が続いており、求人が多く出回っています。転職を成功させるためには、転職市場の分析と選考対策を行うことで、30代の転職は十分可能です。

ここで、失敗しないために考えておくべきは、転職して叶えたい希望条件と今の会社で続けた場合のキャリアを比較しておくことです。

転職が目的になってしまうと、年収的にも、担当業務もあまり変わらない転職になってしまい、転職回数を無駄に増やすことになります。

30代の転職は、キャリア的にもとても重要なので、転職エージェントを利用して、転職支援を受けながら転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントは、それぞれ保有している案件が違いますので、いくつか登録しておくと幅広く情報が入ってくるようになり、採用動向が把握できるようになります。

また、転職エージェントそれぞれの特徴や違いについても分かるようになり、自分に合ったエージェントに絞って活用していきましょう。

 

こちらの記事が30代の転職を考えるあなたのお役に立てれば幸いです。