経理の年収をアップさせる方法4つ|具体的な手順を公開!

・経理として専門性を上げて、年収も上げたい...

・ここ何年と給料が上がっていない...

・今より高い年収で内定を取る方法を知りたい...

などと経理の転職で年収アップさせようと考えていませんでしょうか?

これまで転職エージェントとして経理の転職を支援してきた経験と現在、企業の管理部門長として経理の採用をしている経験から、経理として年収アップをさせるための方法について紹介します。

 

経理の平均年収はどれぐらい?

経理の平均年収は「年収499万円」とされています。(doda調べ

会計領域においては「管理会計」(563万円)、「財務」(543万円)や「購買」(513万円)となっています。経理職から業務領域を広げていき、財務会計や管理会計に関わる業務になるとやや高めの水準となっています。

経理職などの管理部門の特徴として、勤続年数に比例して昇給していくシステムを採用している企業が多く、勤務歴も長い傾向にあります。

 

経理の年収を上げる方法とは?

経理として年収を上げる方法として、有効なものは次の4つです。どれかを一つもしくは複数選んで実行するだけで年収を上げることが可能になります。

① 年収テーブルの高い会社に転職する
② マネジメントスキルを身につける
③ 社内で評価される資格を取る
④ 継続して働き続ける

それぞれについて詳しく紹介していきます。

 

① 年収テーブルの高い会社に転職する

経理として転職する先で必ず見ておくべきは、年収テーブルが高いかどうかです。転職する時には次の5つのポイントを押さえながら、方針を決めていくと良いです。

年収テーブルの高い会社とは

・平均年収が高い業界

金融業界や医療業界、総合商社、コンサルティング業界では給与水準が高めに設定されています。逆に介護や飲食業界、人材業界は給与水準が低く、同じ経理の仕事をしていても、年収が低くなります。

経理の転職は会計知識や業務経験を評価される職種なので、営業やマーケティングなどの職種では業界知識や製品知識に関する知識が転職には必要になる職種と比べて有利です。

 

・事業規模が大きい会社(上場企業、業界シェアの高い企業etc)

同じ業界であっても、上場企業や事業規模が大きい会社は、中小企業と比較して年収レンジが高めです。

理由は製品単価が高い、売上規模が桁違い、直間比率が低いなどの理由が挙げられます。そのため給与水準が高くなっていきます。

その他にも、住宅手当や報奨金などの福利厚生制度も、年収に加わりますので実際は、更に待遇が良く感じられるでしょう。

 

・英語力が活かせる会社

国際会計基準の導入が進んでいるため、語学力を必要とするニーズが増えているため、年収アップ転職がしやすいです。

語学力に加え、国際会計基準に関する知識や業務経験があれば更に評価が高まりますので、内定時の年収交渉もしやすくなります。

 

・業務経験を求めている会社

経理職の中でもベンチャーやスタートアップでのIPO準備経験、上場企業での業務経験、業務ソフトの導入経験などの業務経験がある場合、転職市場で有利になります。

 

・残業代がつく会社

現在残業代がついていない人は、残業代が100%支給される会社に転職するだけでも大きく違います。

毎月10時間、決算前後の繁忙期の残業が支給されるだけでも、年収数十万程度アップすることになるでしょう。

 

転職するタイミングは?

転職が成功しやすいタイミングは大きく分けて2つあります。

・景気が良い時に転職する

・求人が多く出る時期に転職する

企業の採用意欲が高まっている時期に転職活動を行うと成功確率が高いです。

転職をしながらステップアップしていく人は、リーマンショックのような不景気な時期に業務経験や実績を積んでおいて、景気が良い時に求人が増えてきた時に選んで転職しています。短期的に見ると、長期連休の前後や決算などの繁忙期には経理職の採用が少なくなる傾向にありますので、時期を選んで活動するもの効果的です。

Check!

② マネジメントスキルを身につける

マネジメント職になることで年収アップすることができます。階級ごとの年収レンジについては以下の通りです。今の会社の年収レンジと他社の役職別の年収レンジを比較することで年収相場が客観的に分かるようになります。

一般社員 400万~499万
リーダー・係長級 500~599万
課長級 600~699万
部長・次長級 1000万~

(MS-Japan調べ)

 

③ 社内で評価される資格を取る

経理職は業務領域の幅が広がらなければ昇給しにくい特徴があります。

業務経験を積むためには、四半期~年次単位の長い期間の業務サイクルを経験しなければなりませんので、時間軸が長くなり、年収アップもすぐには期待できません。

短期間で評価されるためには、社内で評価されやすい資格を取ることが大事です。

簿記2級を取っても評価される会社と評価されない会社があります。簿記2級を持っている人が多ければ、評価されにくいです。

そのため、所属する会社で評価されるであろう資格を選択することがとても重要です。

会社の会計基準や資格保有者の希少性、業務に必要かどうかをもとに判断すると良いです。税理士、USCPAなどの難関資格であれば科目合格でも有効です。

資格を取ることで資格手当で出る会社もありますし、周囲からの評価も変わります。「〇〇の資格を持っているのだから、△△の仕事を任せよう」のように新たな仕事を任されることもあり、社内でのキャリアアップにも繋がります。

 

④ 継続して働き続ける

最後に考えておかなければならないのは、今の会社で働き続けることも考えておくことです。年収が上がらないからと思って、転職に失敗して、年収横ばいとなってしまうと、経歴が一つ増えますのでキャリア的に良くありません。

現在の会社の年収テーブルを把握して、それまでに必要な期間と必要なスキル、経験を考慮して働き続けるべきかを再考しておくことも大事です。

 

年収アップ転職を実現するためには?

経理として年収アップの転職を考えている人は、転職エージェントを利用することをおすすめしています。

転職エージェントは採用を考えている企業から依頼を受けて、求人活動を行っています。

経理のポジションは人気が高く、応募が殺到するので公開すると手間がかかります。そのため、優良企業や人気企業ほど非公開求人として転職エージェントに依頼して採用を決めています。

転職エージェントを活用することで、これらの求人を紹介してもらうことができるだけでなく、選考対策も同時に対応してくれるので、選考通過率も高まります。

転職エージェントは何百社とありますが、それぞれ得意な業界や職種が異なります。経理の転職に強い転職エージェントに登録しておくことが転職成功の近道です。

パソナキャリア

おすすめ度 

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリア』は、大手転職エージェントの中でも、丁寧なキャリアコンサルティングが評判で、幅広い相談を受け付けており、初めての転職活動を行う方におすすめです。

面談に訪問したときに全員に配布される『転職必勝ガイド』がおすすめです。職務経歴書の書き方や、面接質問集など転職活動の全体を理解するうえで非常に評判の良いものです。このためだけに面談するのも充分価値があります。

また、パソナキャリアは女性に転職に強いことも特徴です。パソナキャリアの母体であるパソナは、1976年創業で、『育児を終えてもう一度働きたい女性へ向けて、能力や技術を活かすことのできる適切な仕事の場をつくりたい』という想いから派遣業を開始し、現在業界第2位のポジションにいる大手企業です。女性のキャリアならではの悩みにも親身に対応してくれる、と評判が良いです。

経理としてのキャリアについて、経理職を志望するきっかけになったきっかけや現在抱えている悩みや今回の転職で叶えたい希望条件など、丁寧にヒアリングしてくれる面談で、しっかりと方向性を共有します。

ほぼすべての都道府県に面談拠点を持っているためサポートが手厚く、これから転職活動を考えている人にはおすすめです。

会社名 株式会社パソナ
求人数 公開求人件数 1,664件(非公開求人件数 非公開)
オフィス 札幌、青森、盛岡、仙台・登米、秋田、山形・米沢、福島・郡山、日立・つくば・水戸、宇都宮・佐野、高崎・太田、さいたま・所沢・熊谷・川越、横浜、新潟・柏崎、富山、甲府、福井、甲府、長野・松本、岐阜・高山、静岡、名古屋、四日市・鈴鹿、草津、京都、梅田・難波・大阪、神戸、奈良、和歌山、鳥取、松江、岡山・津山、広島・福山、山口・周南、徳島、高松、松山、高知、福岡・北九州、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇
\ 年収アップ転職67.1%の実績 /

 

MS-Japan

おすすめ度 

【公式サイト】https://www.jmsc.co.jp/

MS-Japan』は、管理部門に特化した転職エージェントです。業界内でトップクラスの求人を保有しています。「上場企業」「ベンチャー」「未経験可求人」など幅広く求人を提案してくれます。

経理、財務、人事、法務、財務など専門領域ごとにコンサルタントが配置されていて、担当するコンサルタントは業務の理解度が高いので、安心感があります。

管理部門に特化しているので、企業選考のノウハウが豊富です。面接前には事前に知っておくべき情報をメールで送ってくれるのでサポート体制も申し分ありません。

資格を取りたての方のキャリアパスの相談や50代以上のシニアクラス、管理職など幅広い転職の支援を行っており、経理職の幅広い階層の転職の相談に対応しています。個別面談にもすぐに対応してくれるので経理職で転職を検討している人はまず登録すべき転職エージェントです。

会社名 株式会社MS-Japan
求人数 公開求人件数 1,567件(非公開求人件数 非公開)
オフィス 飯田橋、横浜、名古屋、大阪
\ 管理部門の転職実績No1! /

 

JACリクルートメント

おすすめ度 

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp/

JAC リクルートメント』は、イギリス発祥の外資系転職エージェントで国内業界No.3に位置します。海外、グローバルポジションについては国内実績No.1です。大手企業や外資系を中心に、年収500~1,200万のレンジの求人を紹介してくれます。

JACリクルートメントの特長の一つとして、企業側と転職者を一人が担当しています。面接前には過去に採用された人の特徴や面接でチェックされるポイントについて、事前に電話やメールでアドバイスしてくれます。

企業担当者と直接連絡をとれるので、情報の鮮度があり、レスポンス良く連携がしやすいです。高年収の転職に強みがあるエージェントなので、年収交渉を積極的に行ってくれる心強いエージェントです。

会社名 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
求人数 公開求人件数 258件(非公開求人件数 非公開)
オフィス 大宮、神保町、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、広島
\ 高年収案件豊富!年収交渉が強い /

 

まとめ

「経理は無くなってしまう仕事なのでは」などと、一部のメディアで言われていますが、実際は需要が伸び続けているポジションです。

AIや業務ソフトが進化しているので、オペレーションは簡素化されていくのは間違いありませんが、企業の事業活動を財務・管理会計の視点から考えたり、評価、判断することは無くなりませんので、今後も採用ニーズが高まっていきます。

年収アップを考えるならば、若いうちに業務経験を積む、マネジメントポジションを目指す、転職エージェントに登録するなどなるべく早い段階から動いておくことが大事です。

 

年収アップ転職を目指すならば、転職エージェントの利用をおすすめしています。

転職エージェントはあなたが転職したときの想定年収の30%程度を成果報酬として企業から支払われます。自分たちの売上に直結しますので、真剣に転職をサポートしてくれます。

転職エージェントは良い人もいれば悪い人がいますが、相性なのであなたのキャリアにマッチしたエージェントを選ぶことも一つの転職力になります。

業務が多忙で転職活動の時間が取りにくい、という人も登録しておいて経理の年収相場を把握するだけでも、情報収集として役に立ちます。

 

こちらの記事が経理として年収アップを考えるあなたのお役に立てれば幸いです。