接客業のストレスが溜まりすぎて限界!【読んで欲しい対処法4つ】

接客業は面倒くさいお客やクレーマーも接客しなければいけませんし、そんな時でも笑顔を作らなければいけませんので、大変ですよね。

その上、人手が足りなくて勤務時間が長くて休みが少ないと気持ちがリセットされないとストレスが溜まる一方です。

 

今のお店のブランドや商品が好きで、働いているのに変なお客ばかり来てしまうとげんなりしてしまいますよね。

自分と同じような価値観を持ったお客さんばかり来てくれればどれだけ楽しいかと思っちゃいます。

だからこそ、たまに来るお客さんで、自分のおすすめをそのまま買ってくれるお客さんがいたり、「凄く気に入りました!ありがとうございます」と言われるから続けられるのだと思います。

 

こちらのページでは、接客業をしている人にストレスが溜まって耐えられないと感じている人に、ストレスの対処法について紹介していきます。

 

1.接客業の4大ストレス

接客業で働く人が抱えるストレスの大きな原因は4つあります。

ストレス1.お客のストレス

最も多いのはお客のストレスです。接客はサービスや商品を提供する以上に、とにかく気を遣う仕事です。気疲れが最大のストレスになります。

接客業をやっていて、嫌なお客は

  • 注文が面倒くさい、何かと絡んでくるお客
  • クレーマーが定期的に出没する
  • オーダーミスがあると店員のせいにする
  • 何も買わないでただ長居しているだけ

なんて人は何人も相手にしてきたのではないでしょうか。プライベートならこんな人と絶対話したくない!みたいな人も相手にしなければいけない仕事なので辛くなります。

 

ストレス2.拘束時間が長い

接客業の特徴として、勤務時間が長いことです。一般的な会社は1日8時間勤務が普通ですが、接客業は店舗の営業時間に従って働きますので、シフトが組めないと拘束時間が長くなります。

結果的にサービス残業になる、残業代にならないような時間が多くなります。アルバイトであれば働いた分お金がもらえますが、社員として働いていると時給換算にするとバイト以下なんてことはあるのではないでしょうか。

また、お客が来ない時の時間が長いと拘束時間が長いと感じる原因の一つです。忙しければ時間が経つのが早いですが、「暇疲れ」はかなりきついです。

 

ストレス3.休みが取れない

接客業をやっていると長期連休の出勤はもちろん、年末年始は出勤になります。そもそも年間休日が少ないです。年間にすると一般企業と比べると20~30日近く少ないことも珍しくありません。丸々一か月休みが少ないというレベルです。

土日休みが少ないので、友人と休みが合わないのでプライベートで会えないストレスがあります。

 

ストレス4.給料が安い

接客業を続けられないと思う人の多くは「給料が安い」と思って辞めていきます。

アパレルであれば自腹で洋服を買い続けなければいけないので、出費がかさみます。美容師であれば、普段使うシザーは自腹なのでとにかく自腹が多いです。

 

2.あなたは大丈夫?ストレスを感じやすい人の特徴

誰しもがクレーマーを対応しますし、売上のプレッシャーがかかります。ストレスがかかりやすい仕事ですが、とく接客業においてストレスを感じやすい人の特徴はこちらです。

考え過ぎてしまう人、感受性の強い人

  • お客さんの何気ない一言もあれこれ気になってしまう人
  • 自分が悪かったのかと自分を責める傾向がある人
  • 嫌なことがあって、引きずる人

接客をしていると、とにかく色々な人を相手にします。

物の好き嫌いや価値観は人それぞれですし、言葉遣いも違います。こ悪気があって言っているとは限らず、良かれと思っていることも受け取り方次第なので、あれこれネガティブにとらえてしまうとストレスを感じてしまいます。

 

プライドが高く、自己主張が強い人

接客業はサービス業であるため、お客の欲しいものや求めていることを理解して、接客を通じて提供することが仕事です。

しかし、自己主張が強い人は相手の価値観と違うものを押し付けてしまう傾向にありますので、ミスマッチします。

更にはクレームが起こってしまった時にも、お客の言うことに耳を貸さずに一方的に相手が悪いと決めつける性格です。我が強い人は謝ることをしませんので、トラブルは更に悪化します。

自分の思い通りにならないとストレスの原因になります。

 

マイペースな人

相手のペースや動きに合わせて接客しなければいけませんので、マイペースに仕事をしている人は向いていません。

会話しながら商品を決めていくお客、おすすめを聞いてみたいお客、時間が無いお客へのスピーディーな対応など相手に合わせて動かなければなりません。

マイペースな人はそれが苦手で、ストレスに感じます。

 

3.明日から実践できる!ストレスを溜めないためのコツ

接客業をやっていて、毎日色んなことが起こっていてストレスが溜まっていく一方です。溜まっていくストレスを解消しなければ、気持ちだけでなく体調を崩してしまいますので、すぐに実践できる「ストレスを溜めないコツ」を紹介します。

お客のことを「全く違う生き物」だと思う

言っていることが訳の分からないお客やクレーマーに嫌悪感を感じないように「自分の頭の中でキャラクター設定してしま」ことがおすすめです。

・精神年齢の低いこども

・言葉が通じない外国人

・宇宙人

などキャラクター設定は何でも良いです。相手を人間だと思わず、感情を入れないようにしておくとモチベーションが左右されずに済むかもしれません。

 

感情を入れず、流れ作業と切り替える

接客業でストレスが溜まる理由は人間関係以外にも、仕事の連携が上手くいかないという状況があるかもしれません。

相手に気を使ったり、様子を伺いながら進めていても、自分の思うようにいかないような時はストレスが溜まる原因になります。

仕事が上手くいかない時は、流れ作業のように自分の作業に集中することに徹することで、感情を入れないようにすると良いでしょう。

 

別人格を作る、別人格を演じる

ストレスを感じやすい性格なのではと思う人は、仕事のときだけ普段の自分の性格とは違う別人格をつくり「仕事モード」にすることで、ストレスを感じにくくなることができるかもしれません。

普段はだらしない性格や人見知りの性格の人でも、仕事モードになって、普段より声を大きく出す、ポジティブを演じる人は多いです。

その効果として、ストレスを感じやすい人も感じにくくなるかもしれません。

 

気持ちを切り替えるための自分なりのルーチンを作る

もし仕事でストレスを感じてしまったときに、ストレスを解消できるように自分なりのリフレッシュ方法を見つけておくと効果的です。

・お気に入りのお菓子を食べる

・大きく深呼吸してから職場に戻る

など、自分のルーチンを作ると気持ちを落ち着かせることができます。

一息つく暇もなく延々と仕事に追われてしまうと、気持ちが安定しません。自分のルーチンを回すことで、少しでも自分の時間を作れば仕事に追われる感覚から脱出できますので、忙しい人ほど効果が出るかもしれません。

 

4.そもそも接客業が好きではない場合も?

接客業をやっている人の中には、「接客することが好きではない」という人もいるのではないでしょうか。

「働いている職場のブランドが好き」「働いているお店が好き」という理由で接客業を選ぶ人も多いです。

しかし好きなブランドのお店で働いていても、接客が苦手で好きでなければ、ストレスが溜まるので働き続けるのは難しいです。ひょっとすると、仕事で嫌なことがあると好きなブランドのイメージが崩れてしまうこともあるでしょう。

好きなブランドや会社で働きたいのであれば、接客の仕事でなく事務の仕事やマーケティングなどの仕事でも携わることもできます。

「接客のストレスが耐えられない」という人は、仕事を変えてみることも考えておくべきです。

 

5.接客業にこだわっていないのならば転職を考えるべき

接客業にこだわってないのであれば、転職することも考えておきましょう。

仕事でストレスが溜まりすぎて、気持ちに余裕が無くなってあなたの体を壊してしまっては、元も子もありません。

ストレスが溜まっていて悩んでいる人は、接客業にも向き・不向きがありますので、無理してまで続ける必要はありません。

自分に向いている仕事を見つけるのは転職するしかありません。

 

とはいえ、仕事のストレスが限界だからといって、すぐに辞めてしまっては収入が無くなってしまうのでお金が無くなったときもストレスを感じてしまいますので、良くありません。

大変ですが、仕事をしながら転職活動をする方が良いです。平日に休みをとれれば一般企業も面接に行けますので仕事に支障がでることはありません。

もし仕事が忙しいと転職活動のための時間を作ることができないとしても、情報収集だけやっておくのがおすすめです。

転職サイトに登録しておくと、このような情報を集めることができます。

・今の自分のキャリアで転職できる業界はどこか?

・自分の年収の相場はどれぐらいなのか?

・どの業界が採用に積極的なのか?

といった情報を集めておくだけでも十分リサーチの価値があります。

情報を仕入れておくだけで、転職市場のトレンドが把握できて転職すべきタイミングが分かるようになります。

→ 求人件数No1転職サイト|リクナビNEXT

 

更に本格的に転職活動を進めたいと思う人は、転職エージェントを使うのがおすすめです。

職務経歴書の添削や応募企業ごとの面接対策など実践的なアドバイスを個別コンサルしてくれます。膨大な求人の中からあなたに合った求人をリサーチして紹介してくれるので、効率よく転職活動を進めていけます。時間が作れないと忙しい人におすすめです。

→ 転職支援実績No1|リクルートエージェント

 

リクルートエージェント』は、業界大手の転職エージェントです。リクナビNEXTと連携しておけば、市場に出回っている求人の大部分を網羅することができます。

転職エージェントは、「応募者が不採用になった」、「入社後すぐに辞めてしまった」ときは報酬が発生しないため、真剣にあなたの転職をサポートしてくれます。

いくつかの転職エージェントがありますが、結論どこも大差ありませんのでまずはリクルートエージェントに登録しておけば問題ありません。

→ 転職支援実績No1|リクルートエージェント

 

6.まとめ

接客業は、社内だけでなくお客を接客しなければなりませんので人間関係に関わるストレスが尽きません。毎日少しでもストレスを溜めないためにも、今回ご紹介したコツを実践してみてください。

  • お客のことを「全く違う生き物」だと思う
  • 感情を入れず、流れ作業と切り替える
  • 別人格を作る、別人格を演じる
  • 気持ちを切り替えるための自分なりのルーチンを作る

ストレスを減らすことで、仕事のやりがいが感じやすくなりますし、仕事が楽しくなります。

 

しかし、接客業は向き・不向きがありますのでストレスが溜まりすぎている人は無理に続けないほうが良いです。長い目で見てもキャリアに得がありませんので、仕事を変えておくべきです。

こちらの記事をここまで読んでいただいた人は、少しでも現状を変えたいと思っている人だと思いますので、行動してみるべきです。

 

今の仕事がきついと思って考え続けていても、何も変わりません。

 

「まずは、動ぎ始める→その後に動きながら考えていく」ことをおすすめします。

こちらのサイトはどちらも3分程度で終わりますでの、登録しておきましょう。

 

こちらの記事が、接客業のストレスに悩むあなたのお役に立てれば幸いです。