履歴書と職務経歴書の「4つの違い」|受かる書類の作り方

「履歴書と職務経歴書の違いって何?」

「職務経歴書を初めて書くけれども、どう書けばいいの?」と考えていませんか?

 

それぞれの書類の役割や書くべき項目を理解しておくことで、正しく使い分けることにより応募書類の質は良くなります。

履歴書も職務経歴書もあなたの魅力をPRするビジネス文書として扱われるため、採用担当者の印象が良くなることでしょう。

こちらのページでは、履歴書と職務経歴書の4つの違いについてご説明します。

 

こちらを読めば、初めて職務経歴書を書く人であっても、正確に理解することができるでしょう。

 

1.履歴書と職務経歴書の「役割」の違い

 

履歴書 職務経歴書 
入社後に必要な
人事情報を伝える
入社前に必要な
選考するための情報を伝える

・履歴書の役割は、主に人事部があなたの入社後の個人情報の管理のために使用します。

しかしながら、顔写真や経歴などで面接の前の第一印象が決まる書類ですので、細心の注意を払って、作成するようにしましょう。

 

・職務経歴書の役割は、選考の時にスキルチェックを行うために使用します。

主に書類選考や面接の時に経験やスキルチェックするときの情報として使用します。書類選考の場合は、この職務経歴書の内容で合否が決まると言って良いでしょう。

 

どちらも個人情報が含んだビジネス書類であることに変わりはなく、それぞれ決まった項目が定められています。それぞれに必要な項目を理解しながら、あなたの魅力が伝わる書類作りを心がけましょう。

 

2.履歴書と職務経歴書の「書く内容」の違い

 

履歴書 職務経歴書 
入社後に必要な
人事情報を漏れなく書く
選考突破に向けて
PRポイントを絞って書く

 

2-1.履歴書の項目

主に住所や生年月日などの諸情報をもとに交通費の決定や社会保険手続きなどに利用するための書類です。企業ごとに項目を変える必要がなく、市販の履歴書でも問題ありません。また、

基本的に勤務地までの通勤時間以外は、応募する企業によって変える必要もありません。

 

履歴書に書く項目

名前・顔写真・生年月日・現住所・連絡先

学歴・職歴

保有免許・資格

趣味・特技・健康状態

通勤時間・扶養家族数・配偶者

本人希望欄

 

2-2.職務経歴書の項目

職務経歴の項目に決まりはありません。企業の選考を突破するために、職務経歴書の項目を決めていきながら、見やすいレイアウトにしていくとよいでしょう。

 

職務経歴書に書く項目

日付・名前

職務要約

職務経歴

実績

自己PR

志望動機

活かせる経験・知識・スキル・資格

 

 

2-3.履歴書と職務経歴書を上手に使い分ける方法

Point1.職歴欄の書き方

履歴書と職務経歴書の欄に職歴概要を書くことがあります。勤めた会社名など重複する情報がありますので、書く内容を分けておきましょう。

 

履歴書 職務経歴書 
入社、配属、昇格、退職それぞれの
年月日に合わせて時系列に記載する
配属部署や業務内容ごとに
最終職位を記載する

 

履歴書に書くべき項目は、勤めた機関のシンプルに人事情報のみを記載すれば問題ありません。

職務経歴書は、あくまで企業の選考資料として利用しますので、「どの業務のどのポジションでやっていたか」という経験やスキルをPRできるようにまとめると良いでしょう。

パートやアルバイトなどの経験しか無い人は履歴書に業務内容など簡単に記載してしまっても大丈夫です。

 

Point2.志望動機は職務経歴書に書いておく

市販で販売されている履歴書の中には、志望動機の記入欄がある履歴書がありますが、志望動機は職務経歴書に書くよいです。

理由1.職務経歴書をもとに書類選考されるため

理由2.経歴、自己PR、志望動機を同じ書類にまとめておくと採用担当に印象付く

これまでのキャリアで培ったスキルのPRに加えて、今後の方向性やビジョンを直線状に伝えられるため、説得力が増す書類となります。

 

3.履歴書と職務経歴書の「作成方法」の違い

 

履歴書 職務経歴書 
固定のフォーマットを利用
手書きでも
OK
自分に合ったフォーマットは選ぶ
PCで作成すべき

 

3-1.履歴書は1枚、職務経歴書は2枚にしておく

それぞれ、枚数には理由があります。履歴書は市販で販売されているものを使用すれば問題ありません。

しかし職務経歴書は、1枚ではなく2枚にして、企業へPRするポイントの漏れを防ぐようにしましょう。職務経歴書を2枚にすべき理由について、こちらのページで詳しく解説していますので参考にしてみてください。

関連記事

職務経歴書は何枚が良いの?選考を突破する書類の作り方とポイント

 

3-2.履歴書のフォーマットはほぼ固定、職務経歴書はフォーマットを使い分ける

履歴書は市販で販売されているJIS規格のものを利用するようにしましょう。書店、100円ショップ、コンビニなどで販売されています。

 

3-3.手書きとPCでどちらで書く?

履歴書、職務経歴書共にPCで書くことをおすすめしています。

理由1.内容の変更、誤字脱字などの修正がすぐにできる

理由2.データが残っているため、複数の企業に応募する時に手間が省ける

理由3.メールなどでデータを簡単に送ることができる

パソコンやプリンターが無いという人以外は、PCで作成しておくと良いでしょう。

応募書類を手書きにすべきか、PCにすべきか更に詳しく知りたいという方はこちらのページで詳しく解説していますので参考にしてみてください。

関連記事

職務経歴書は手書き?PC?それぞれの【メリット・デメリット】

 

4.履歴書と職務経歴書の「企業選考のときに使われるシーン」の違い

企業も書類選考含め、選考する担当者が違う場合がほとんどです。それぞれ評価する担当によって、重点的に評価するポイントが違います。

4-1.履歴書は主に一次面接のみ。もしくは人事担当者が使用する

入社後に必要な人事情報に関する確認は、最初の選考で行われることがほとんどです。履歴書の確認について、ほぼ決まった質問をされますので対応しておきましょう。

質問例

・取得した資格の有効期限は?

・家族構成は?扶養家族は?

・通勤経路と時間は?

・健康状態は?

・学歴について(浪人、留年、研究室など)

その他女性であれば扶養範囲などの質問があります。履歴書の質問に関してはどこの企業もほぼ変わりありません。

 

4-2.職務経歴書は一次面接から最終面接まで。現場担当者などが使用する

面接では職務経歴書をもとにスキルチェックはしていきます。とくに現場担当者などが面接を担当する場合は、ほぼ職務経歴書しか使わないことがほとんどです。

 

5.まとめ

履歴書と職務経歴書の違いについてご説明してきました。基本的な考えとして、履歴書は入社後のための保管書類、職務経歴書は入社前の選考するための書類と考えておいて良いでしょう。

二つの書類の目的を正確に理解し、それぞれの書類の内容に不備が無いようチェックしておきましょう。

履歴書・職務経歴書のチェックポイント

 

年号と西暦が統一されているか、間違っていないか

誤字脱字がないか

レイアウトに不備が無いか

使いまわしと思われるようなありきたいな表現にしていないか

虚偽、誇張する表現が含まれていないか

社内用語が含まれていないか

 

職務経歴書の内容に不安がある人などは転職エージェントに相談してみることをおすすめしています。転職エージェントは求人の紹介以外にもキャリア相談、経歴書の添削など転職の相談に関して幅広く対応してくれるので心強いでしょう。

履歴書、職務経歴書に関して相談したいという人はこちらのページで詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

職務経歴書の添削サポートに丁寧なおすすめ転職エージェント3選

 

こちらの記事が皆さまの転職にお役に立てれば幸いです。