人事が解説!書類選考が通らないときの対策3つ

「書類選考が通らない、不採用の理由が分からず困っている」

「中々面接まで選考が進まない」

「経歴に不安があって、どこに応募していいか分からない」

書類選考が通らなくて困っていませんか?

一般的に書類選考の通過率は平均30%程度と言われています。専門職・経験者募集であれば20%程度、人物重視の未経験者採用・ポテンシャル採用であれば50%程度とされています。

こちらの通過率より下回っているようであれば対策を立てていくことで、選考通過率を改善することができます。こちらのページでは書類選考に通らないときに行うべき3つの対策を解説していきます。

 

こちらを全て読めば、書類選考の通過率を改善することが出来、転職の成功に一歩近づくことでしょう。

 

1.書類選考で評価されているポイント

書類選考で評価されるポイントは経験者募集と未経験者募集では評価されるポイントが違います。

経験者・専門職の場合 未経験者、ポテンシャル採用の場合
  • 文書作成スキル・ビジネスマナー(共通)
  • 募集条件のスキル・経験
  • 資格
  • マネジメント経験など
  • 文書作成スキル・ビジネスマナー(共通)
  • 志望動機、やる気
  • 転職理由
  • 自己PRなど

経験者募集の場合、求める人物像に記載される「関連業務の経験年数」、「ポジション」、「活かせるスキル」を重点的にチェックされていきます。

求人企業の求人票を確認し、職務経歴書の「職歴欄」、「自己PR欄」の作りこみが重要です。

未経験者募集の場合、スキルや経験より、「自社の社風」、「仕事に対する取組み姿勢」、「キャリアの方向性」をチェックし、会社と応募者との相性を評価していきます。

求人企業の「志望動機」、「これまで培ったスキル」、「仕事への取り組み姿勢」など企業の求める人物像や価値観に近いことが伝わりやすい書類であることが重要です。

 

2.対策1.提出書類の見直しをかける(チェックポイント7つ)

書類選考が通らないと思っている人はまず初めに行わなければならないことが書類の見直すことです。書類の見直しを行うだけでも書類選考の評価ポイントである「文書作成スキル・ビジネスマナー」の評価がぐっと上がり、通過率が改善します。

書類のチェックポイント7つ

  • 誤字脱字がないか
  • レイアウトが崩れていないか、文字切れがないか
  • 書いてある内容が分かりやすいか
  • 企業の評価するポイントが盛り込まれているか
  • 送付状・封筒の書き方に不備はないか
  • 証明写真映りに問題はないか
  • 提出書類を使いまわしていないか?

誤字脱字がないか、文章の不備がないか

誤字脱字や文章の不備があって、評価が下がってしまうケースは意外に多いです。手書きであれば文字の修正を修正液や修正テープで訂正することはNGです。間違えてしまった場合は、書き直しすることが基本です。

また、パソコンで作成した場合もパソコン画面上では間違いが見つけにくく、発見できないことがありますので、一度プリントアウトして紙の状態で確認しておくと、新たに誤字脱字を見つけることがあります。

 

レイアウトが崩れていないか、文字切れがないか

パソコンで作成すると、レイアウト崩れ、文字切れしてしまっている人を見かけます。エクセルで作成する場合は、セルの設定上の都合により文字切れすることがあるため、プリントアウトしてから確認しておきましょう。

また、自作の履歴書・職務経歴書の場合、レイアウトが見にくくなってしまうことがありますので履歴書であればJIS規格、職務経歴書であれば経歴別、職種別に見やすいレイアウトを選ぶことが大切です。

 

書いてある内容が分かりやすいか

どのような業界であっても、業界用語や社内用語があります。その会社や業界を経験していなければ伝わらないキーワードは控えましょう。

 

企業の評価するポイントが盛り込まれているか

企業の求める人物像に書かれている項目・ポイントをもとに経歴書が書かれているかどうかです。職務経歴欄、自己PR欄、活かせるスキル、志望動機など求人企業の求める人物像や評価するポイントに合致しているかどうか見直しをかけておきましょう。

 

送付状・封筒の書き方に不備はないか

郵送で書類選考を行う場合、送付状をつけておくことで、ビジネスマナーが身についていることがPRできます。封筒の宛先の書き方、送付状の頭語、記書きなどビジネス文書で定められている項目がありますので、書き方を押さえておきましょう。

 

証明写真映りに問題はないか

履歴書に貼られている証明写真の貼り方で人間性が出るポイントです。人事担当者は照明社員の映り方だけでなく、貼り方、写真の切り方は斜めになっていないか等細かく見ています。

履歴書の証明写真のビジネスマナーについて以下のページで解説していますので参考にしてみてください。

 

提出書類を使いまわしていないか?

人事担当者が書類選考で不採用にする理由の一つに、「どこの企業でも通用しそうな書類の場合、志望度が低い」と評価することにあります。

  • なぜこの業界を志望しているのか
  • なぜ競合他社ではなく、応募企業に応募しているのか
  • なぜこの会社のこの職種を志望しているのか

というように志望動機に人事担当者が納得するような書き方をしていることが大切です。手間がかかりますが、志望動機を応募企業ごとに作成することが選考突破率を上げるために有効です。

 

3.対策2.応募する企業の見直しをかける

書類選考が通らない原因として考えられるものとして、「人気企業で書類選考突破の難易度が高い」、「応募のミスマッチ」の二つです。転職希望条件を見直したり、応募先を見直すだけでも選考突破率が改善します。

3-1.大手企業・人気の企業ばかり応募していないか?

書類選考が通らないと悩む方の中で、大手企業や転職先として人気のベンチャー企業などは書類選考通過率が1割を下回るような企業ばかり応募している場合があります。

転職活動が前に進まないと悩んでいる人は、大手企業だけでなく中小企業など事業規模を広げて探してみるのも良いでしょう。

 

3-2.企業の求める人物像を押さえているか?

求人企業の求める人物像を押さえて応募書類を作成しているか?ということも書類選考を突破するために大切な視点です。読み手側(採用担当者)が求める仕事への取り組み姿勢ややる気などを理解しておきましょう。

 

4.対策3.書類選考がない企業に応募する

書類選考がない企業の探すには転職エージェントの利用をおすすめしています。転職エージェントは求人企業から人材確保の依頼を受けて、求人活動を行っています。

転職エージェント経由で応募すると書類選考なく、面接から選考を進めてくれます。

転職エージェントを利用するメリットは書類選考が無い求人を紹介してくれることだけではありません。

  • 面接日時、入社日時の調整を代行してくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  • 模擬面接を行ってくれる
  • 過去の選考情報、採用された人の傾向を教えてくれる
  • 面接で想定される質問集を配布してくれる
  • 年収交渉を代行してくれる

これらのサービスを全て無料で利用できます。転職活動について無料で家庭教師をつけているようなものですので、非常に有効です。

 

4-1.書類選考が無い理由

転職エージェント経由で応募する場合、書類選考が無い理由は以下の3つです。

  • 人物重視で人を選ぶため
  • 転職エージェントである程度マッチングが出来ているため
  • 人手が足りてないため選考期間を短くするため

未経験者募集・ポテンシャル採用など人物重視で評価しようと考えている企業が多いです。とは言え、企業側も面接する手間がかかってしまいますが、転職エージェントが採用企業とのマッチングを行っていますので、書類選考の役割を転職エージェントが果たしています。

ここは求人企業と転職エージェントとの信頼関係で成り立っていますので、選考対象にならない転職者を紹介すると、取引になりませんので転職エージェントとしてもかなり綿密にマッチングを図っています。

また書類選考を省き、転職エージェントに任せていることで内定までの期間を短縮させる役割を果たしています。

 

4-2.「書類選考なし」求人を紹介してくれるおすすめの転職エージェント4選

就職Shop

おすすめ度 

【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

就職Shop』は、中途転職サイト「リクナビNEXT」を運営する業界最大手のリクルートキャリアが提供するサービスです。仕事紹介カウンター(店舗型)のいわゆる面談形式の求人紹介サービスで、駅近くに拠点を構えており利便性が高いです。(拠点:銀座、新宿、立川、横浜、千葉、大宮、大阪、三ノ宮、烏丸)

各拠点近隣の中小企業を中心に求人を扱っています。企業の担当者が直接訪問して、細かくヒアリングした企業であるため求人情報に信頼性があります。

平均残業時間や離職率など希望に合った企業の紹介を受けることができます。就職に関する悩み、不安を持っていて、まずは相談したいという方にはおすすめです。

おすすめポイント

  • 社会人未経験から正社員への転職支援に強い
  • 人物重視のポテンシャル採用に特化(書類選考なし)
  • 業界最大手リクルートグループならではのサポート

 

JAIC

おすすめ度 

【公式サイト】http://www.jaic-g.com/

JAIC』は、既卒・フリーターから正社員に就職を希望する方に豊富な実績を持った転職エージェントです。無料の就活講座(10日間)でビジネスマナーなどを学んだあとに、優良企業の20社の求人を紹介してくれます。ビジネスマナーの基礎から面接指導、社会人としての考え方など体系的に教育を受講することができます。

就活講座では大手企業の新人教育研修に近いレベルの内容となっており、企業からも高い評価を受けています。

また、大学中退者向けサービスなど、個別の事情に合わせた転職活動の仕方をサポートしています。

おすすめポイント

  • 無料で10日間の就職講座(ビジネスマナー)を受けられる
  • 書類選考が無い20社を紹介してくれる
  • 就職成功率80.3%

 

ウズキャリ

おすすめ度 

【公式サイト】https://daini2.co.jp/

ウズキャリ』は既卒、第二新卒に特化して転職エージェントです。株式会社UZUZというウズウズした若者のための就活サポートカンパニーというユニークなベンチャー企業です。転職者一人当たり平均20時間のカウンセリング時間を確保して、就職に関わる相談や応募準備にサポートをしてくれます。こちらで紹介される求人は書類選考がある企業ですが、書類選考率も8割を超えており、内定後の定着率が高く採用企業から高い評価を受けているエージェントです。

規模は小さいものの企業としての転職サポートに対する姿勢が明確で、手厚いサポートが受けられる心強い企業です。じっくり相談に乗ってもらいたい方などにはおすすめです。

おすすめポイント

  • 入社後も3か月間のサポートで定着率94.7%
  • 手厚いカウンセリングサービス
  • 独自の基準でブラック企業対策をしている

 

DYM就職

おすすめ度 

【公式サイト】https://www.dshu.jp/

DYM就職』は、大卒新卒の紹介事業で業界大手のDYMが運営する既卒、第二新卒向けの転職支援サービスです。全て正社員求人を扱っており、書類選考がありません。内定まで最短1週間で決定するなどスピード感を持って転職支援を進めています。

フリーター、ニート、中卒・高卒など学歴に不安のある人の転職支援に注力しています。上場企業の求人も扱っていますので、同社の面談を通じて、今の経歴で正社員になれるチャンスがどれぐらいあるのかを知ることができるでしょう。

おすすめポイント

  • 新卒領域の業界大手の転職支援サービスを受けられる
  • 若手採用に積極的な企業とのコネクションがある

 

5.転職エージェントのサービスの流れ

転職エージェントの流れについてご紹介します。

①登録する

PCやスマートフォンで2分~5分程度で登録が可能です。

名前、住所、年齢、電話番号、メールアドレス、会社名、経験内容など決められた項目に沿って入力していきます。

 

②連絡がくる

登録が完了すると転職エージェント担当者から電話もしくはメールで面談日時の連絡がきます。

面談の場所はエージェントのオフィスで行います。現在働かれている方は勤務の後の19時以降や土日など面談可能な候補日をいくつか準備しておくと良いでしょう。

 

③個別面談に行く

面談は直接対面を行います。面談に訪問するときに履歴書と職務経歴書を持参します。事前にメールなどでデータを送っておけば持参不要です。

面談時には、経験のヒアリングや転職理由、次の仕事の希望条件を確認されます。

 

④求人紹介を受ける

面談で聞き取りが終わると、面談の最中もしくは終了後に求人を紹介してもらえます。2~20件程度紹介してくれる場合が多いです。

気になる所について、転職エージェントでも分からなければ、担当者経由で求人企業へ確認してくれますので、十分理解した上で応募意思を固めることができます。

 

⑤職務経歴書の添削

こちらは必要に応じて行います。修正すべき個所を教えてくれます。提出する書類に不安のある人はぜひアドバイスを受けるようにしましょう。

 

⑥応募する

企業への応募は転職エージェント経由で応募となります。

その場合、応募書類はエージェントとの面談時に提出した書類を企業に提出するため、応募時には改めて書類を作成する必要はありません。

応募の都度、写真の準備や経歴書を準備するのは大変ですので非常に助かるサービスです。

 

⑦面接対策

企業の書類選考が通過し、面接が決定した場合、事前に面接に向けて準備しておくべきポイントを教えてくれます。例えば過去に質問されたリストや知っておくべき業界知識やニューストピックなどを教えてくれます。

その他、選考の流れをも事前に教えてくれます。1次面接は現場担当者、2次面接は人事責任者といったように事前に会う人を教えてくれるだけでも心の準備ができるので、安心できることでしょう。

 

⑧採用企業との面接

面接の結果は転職エージェント経由で連絡がきます。面接で上手く説明できなかった、PR出来なかった場合には転職エージェントから追加であなたの魅力を採用企業へプッシュしてもらうことが出来ます。

 

⑨内定、給与交渉

内定後の入社までの調整もすべて転職エージェントが行ってくれます。

 

6.まとめ

書類選考に通らないと悩んでいる人は、3つの対策を進めることをおすすめします。

 

対策1.提出書類の見直しをかける(チェックポイント7つ)

チェックポイント7つ

  • 誤字脱字がないか
  • レイアウトが崩れていないか、文字切れがないか
  • 書いてある内容が分かりやすいか
  • 企業の評価するポイントが盛り込まれているか
  • 送付状・封筒の書き方に不備はないか
  • 証明写真映りに問題はないか
  • 提出書類を使いまわしていないか?

 

対策2.応募する企業の見直しをかける

  • 大手企業・人気の企業ばかり応募していないか?
  • 企業の求める人物像を押さえているか?

 

対策3.書類選考がない企業に応募する

「書類選考なし」求人を紹介してくれるおすすめの転職エージェント4選

就職Shop|大手リクルートが運営。面談形式で拠点エリアの優良企業の求人多数

DYM就職|新卒領域の大手が運営。既卒、第二新卒、フリーターの就職支援に特化

JAIC|ビジネスマナー研修が充実。内定後も1年間フォロー

ウズキャリ|独自の基準でブラック企業を排除。定着率94.7%

 

こちらの記事が皆様の転職活動のお役に立てれば幸いです。